セキュリティーに関する知識を深めたセミナー【ICTサロン】

| 0件のコメント


2020年2月12日、「2020年度第2回 三鷹ict事業者協会 ictサロン」が三鷹産業プラザで開催されました。
講師は株式会社Tサービス 武田知之を講師で、「2020年にやるべきサイバーセキュリティ対策」についての講義がありました。

今年は、オリンピックやパラリンピックが開催されることから、世界から注目されるため、サイバー攻撃が増えるそうです。そこで、今からでもできるサイバーセキュリティ対策を教えてもらいました。

パソコンは「ランサムウェア」に感染すると、パソコンをロックされて使用できなくなります。そして「ランサムウェア」は、ロック解除と引き替えに金銭を要求します。

「ランサムウェア」は、ロック解除と引き替えに金銭を要求


セキュリティー対策としては、「ファイアーウォール」もありますが、複数の異なるセキュリティ機能をひとつのハードウェアに統合した「UTM」を導入する方法もあります。ただし、ボット対策機能がないUTMは、致命的とのこと。

ハードディスク(HDD)はクラッシュすることもあるため、別のHDDにバックアップをとったり、クラウドに保存する方法が有効とのことです。バックアップの大切さを再認識したセミナーでした。

ボット対策機能がないUTMは、致命的とのこと

コメントを残す

必須欄は * がついています