トップ > 大槌町社協『ふれあい福祉まつり』のご報告

大槌町社協『ふれあい福祉まつり』のご報告

日にち:平成26年12月13日(土)
時 間:午前10時~午後3時
場 所:大槌中央公民館
文 責:澤館 志美子

初参加の為、皆どの様にしたら良いのか不明。少しずつ、知恵を出しあい形になって行った。
「ポスター」は鳩岡さんに作ってもらう。「心をこめて お聴きします」のフレーズは「何か祈りが込められているかな~あ!」などと感じたが、これでつかみ(掴)はOK!」すばらしい出来上がりである。

実行委員四人集合

平成26年12月12日(金)
搬入15:00~17:00

最初に広報大槌の取材をうける2015.1.15発行「復興を支える人、支える団体で「ひまわり」を紹介すると言う。あわただしい中での取材に後で何を話したか、心配に思う。読むのは正月の楽しみにしよう~と。
いろいろ試みて飾りようやく完成!「ひまわりの花」いい味出してませんか?

「ひまわり」の仲間ぞくぞくかけつけて

平成26年12月13日(土)

当日心配していたが来客多数「ひまわり」の仲間も、ぞくぞくかけつけてきてくれ、左のような楽しい写真も撮る事が出来た。
50枚コピーしたアンケート用紙も全部に記入してもらい終了。自画自賛ではあるが、第一回目としては良かったのではないですかと思う。

ふれあい福祉まつり アンケート 質問と集計結果

「傾聴ボランティア大槌ひまわり」のブースに来ていただいた方からアンケートに記入していただきました。その結果をご報告いたします。

1.お客様の性別
男性9人 女性41人 計50人
年代10代:10人 20代:1人 30代:1人 40代:3人 50代:7人 60代:16人 70代以上:12人 計50人
[お住まい]
町内:32人 釜石市:3人 その他:13人 不明:2人(記入なし)
その他(八戸 八戸より高校生が見学に来ていた)
2.ふれあい福祉まつりを何でお知りになりましたか。(重複可)
・広報「大槌」等:14人・チラシ:8人・ポスター:2人
・その他:18人(友達・主催者自身)・不明:1人
・広報と社協ホームページ:1人
・社協ホームページ:2人
・広報とチラシとポスターとその他:1人
・チラシとその他(小川旅館):1人
・広報とチラシとボスター:2人
3.会場へのおいでの交通手段
・車:35人・徒歩:2人・パス:13人・合計:50人
4.傾聴ボランティア大槌ひまわりの展示はいかがでしたか?
・満足:31人 ・やや満足:13人 ・普通:6人
・合計:50人(ひまわりの会員の目の前でのアンケート記入なので好回答を してくれたと思う)
・楽しそう ・めずらしい見たことのないものもあり、たのしかった。
 美しい展示物に感動しました。さいほうが苦手なので 素晴らしいと思いました!(原文のまま)
6.ご意見、ご感想等がございましたらご記入ください。
・自分も色々してみたい。
・頑張ってください。
・活動応援しています。
・何時も々もごくろうさまです。
・皆様ごくろうを察します。これからも頑張ってください。
・その時、お願いします。
・皆によりそい、がんばって下さい。
・活動は町内だけの範囲ですか。
・知り合いの方がたくさんいました。彼女達を心待ちにしている人達は、まだまだいると思います。
 ぜひ長く活躍してほしいと思います。
・生活の差が大きくなってきています。がんばってください!
・心優しく皆んなが接してくれて、ありがたい。
・たくさんのボランティア活動をしていて、良いことだと思う。
・傾聴のボランティアというものを初めて知って、今のこの場所に必要なものだとわかりました。