地形模型とVRが持つ可能性を感じたセミナー【ICTサロン】

| 0件のコメント

2020年1月9日、「2020年度第1回 三鷹ict事業者協会 ictサロン」が三鷹産業プラザで開催されました。
講師は株式会社ニシムラ精密地形模型 代表取締役 大道寺覚氏を講師で、「地形模型が持つ可能性と近い将来に向けた3D事業参入へのユニークな取り組み」についての講義がありました。

同社はNHKブラタモリに3D地図を提供し続けている会社です。会場では、番組に登場した実物の3D地図を見ることができました。

立体地図

その後、新会社プロキオンのVR事業についての説明がありました。新会社はVR映像を製作するビジネスを展開しています。

たとえば、古民家の内部をVR映像で制作すれば、家の中にいるのと同じ感覚で視点を移動させることができます。

介護施設でVR映像を製作すれば、施設内の内見がスマホでできそうです。そんなテクノロジーでした。

VR映像

コメントを残す

必須欄は * がついています


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.