団体情報

特定非営利活動法人(NPO) 鷹ロコネットワーク・大楽について

目的

当法人は、介護福祉分野における人材育成のための教育事業を行うとともに、広く一般市民を対象として、健康維持・増進を目的に笑いや楽しさを提供し、余暇活動や生涯生活の活性化を支援する事業、東京で暮らす人々の遠きふるさとのつながりを支援・構築し、地域での社会参加及びまちづくりを普及促進する事業、及び若者・団塊・シニアの世代間を越えたつながりの中で、お互いに刺激を与え合い、日本の伝統や文化の伝承を推進及びジェロントロジー(老齢学)の普及啓発活動を行うこと、以上のことにより、一般市民の社会参加、まちづくり及び日本の伝統・文化や学術の振興に寄与することを目的とする。

団体情報

フリガナ トクテイヒエイリカツドウホウジン タカロコ・ネットワークダイガク
団体名 特定非営利活動j法人 鷹ロコ・ネットワーク大楽
郵便番号 181-0013
団体の所在地 東京都三鷹市下連雀 2-10-5
連絡先 電話番号: 0422-24-7500
FAX番号: 0422-24-7070
メールアドレス: info@takaloco.jp
代表者氏名 理事長 林田昭子
連絡者氏名 林田昭子
団体のホームページ http://takaloco.jp/
設立年月 2007/10/2
活動の分野 1.保健・医療・福祉
2.社会教育
3.まちづくり
4.学術・文化・芸術・スポーツ
主な活動内容 ・社会教育事業 ソーシャルイノベーションスクール
・笑いと楽しさの場提供
・日本及びシニア文化普及誘発事業


上記表を画像で表示する / PDF版はこちらより

実績

順次掲載予定です(順次掲載:三鷹市がんばる応援プロジェクト、シニアチア、キッズチア、カードマジック、ユーモアスピーチ、成年後見、傾聴士)。

「ニッセイ財団高齢社会先駆的助成対象事業」住民主体の傾聴・見守りのしくみづくり ~大槌町仮設団地での福祉コミュニティ助成事業~

東日本大震災被災地復興支援活動の一助を担いました。2012年9月~2015年3月の2年半にわたり、岩手県大槌町の仮設団地において、仮設団地の住民向けに傾聴ボランティア養成講座を実施しました。講座は仮設団地の高齢者を含む住民自身が対象で、孤立し日常生活に不安を抱えている高齢者に対して、見守り・傾聴活動を無理なく、効果的に行うことを目的として活動しました。>>詳細ページ

東京都モデル事業「新しい公共支援事業」三鷹市快老プロジェクト事業

東京都モデル事業「新しい公共支援事業」となる三鷹市快老プロジェクト事業は2012年1月より開始し、1年を終え大成功に終了いたしました。三鷹市や各団体様と連携をしてプロジェクト運営をされて、民公産学営利非営利との各団体が垣根を越えて協力し、地域に社会貢献をするモデル事業を創出する目的が達成されました。>>詳細ページ

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年