三鷹市快老プロジェクト

東京都モデル事業「新しい公共支援事業」となる三鷹市快老プロジェクト事業は2012年1月より開始し、1年を終え大成功に終了いたしました!三鷹市や各団体様と連携をしてプロジェクト運営をされて、民公産学営利非営利との各団体が垣根を越えて協力し、地域に社会貢献をするモデル事業を創出するのが目的です。

三鷹市快老人プロジェクト事業:ICTを活用した高齢者自立支援コミュニティサービス事業

 

□■関連団体■□

NPO鷹ロコ・ネットワーク大楽、NPO多摩成年後見の会、三鷹市役所、神田川町会、早稲田大学地域社会と危機管理研究所、(有)インフォメーションマネージメントコンサルティング

 

□■各団体の役割■□

  • 鷹ロコ・ネットワーク大楽
    高齢者の傾聴・見守りの為の育成講座
  • 多摩東成年後見の会
    市民成年後見の育成
  • 三鷹市役所
    行政サービス制度を補完するものとして機能させ、行政との連携を図っていきます。
  • 神田川町会
    傾聴し・青年光景人・民生委員・町内会の人などとテレビ電話で顔を診て話せます。
  • 早稲田大学地域社会と危機管理研究所、インフォメーションマネージメントコンサルティング
    専門的知見にてアドバイス等をします。

 

□■事業内容図■□

事業内容の図は以下のようになっております。

画像をクリックで拡大して別ページを開きます。

 

活動報告は随時掲載してまいります。